沖縄在来種のブランド豚!とろける脂の甘みが絶品「アグー豚」

そもそも「アグー豚」とは?

美味しい食材が数多くある沖縄の中でも、特に人気が高い絶品の食材「アグー豚」。沖縄の方言でシマウヮーとも呼ばれるアグー豚は、観光客だけではなく地元の人々からも親しまれています。そんなアグー豚ですが、そもそもは中国にルーツを持つ豚だとされています。沖縄は琉球王国時代から中国と結びつきがあり、その交流の中で伝来してきた豚が交配を繰り返して現在のアグー豚となりました。沖縄本島より北西方向に粟国島(あぐにじま)と呼ばれる島がありますが、この離島がアグー豚の名前の起源になったのではないかと言われています。また、日本にはアグー豚のような在来豚が非常に少ないので、アグー豚は食材としてだけではなく希少価値の高い在来種としても知られています。

アグー豚の味わいと人気料理を解説!

アグー豚の特徴は非常に味わい深い旨味があることです。実際にアグー豚には旨味成分であるアミノ酸やグルタミン酸が豊富に含まれています。また、アグー豚は脂身の多い肉質となっていますが、他の豚と比べるとコレステロール値が低いことも特徴となっており、脂の甘みを楽しめるヘルシーな食材としても人気があります。そんなアグー豚を使った人気料理といえばやはり、しゃぶしゃぶでしょう。薄く切られていながらも旨味を感じることが出来るアグー豚のしゃぶしゃぶは絶品。臭みも少ないので、さっぱりとした味わいを楽しむことが出来ます。しゃぶしゃぶの他にも角煮などアグー豚を使った美味しい料理が沖縄にはたくさんあるので、沖縄へ訪れた際にはぜひアグー豚を堪能してみてくださいね。